車内フェラ

「人生は冒険か、平凡の2つである。」

車内プチを体験したTwitterの黒歴史を塗り替えたフェラ友との出会い
俺が車内フェラに興じていた時、母親が死んだんだ。
入院が長くて、介護という介護はしてなかったけど、洗濯ものだの、手続きだの見舞いだので、ほぼ毎日仕事の後に病院に行く生活してた。
それで、精神的にもちょっとしんどいな・・・って、時々病院の駐車場で車内フェラしてもらってたんだ。
あ、相手は看護婦さんじゃないよ・・・確かに車内フェラとか看護婦さんやってるイメージあるけど。
お互い車で来て、駐車場で合流。俺の車の中でしてもらって、それですっきりして自宅に帰る・・・そんな感じね。
車内フェラしてもらってる時に、確かにスマホに連絡が入った。
だけど、最中だったから、無視して・・・
終わって、女の子が車から降りて、「またねー」って言って・・・その後、スマホ見たら、病院からの連絡だったんだ。
慌てて、母親の病室に行ったら、先生とか看護婦さんが治療してる最中でさ。
顔が青ざめたよ。
だってさっきまで一緒にいたし・・・「また明日」って言ったし・・え?え?って頭混乱。
体はまだフェラの時の快感を味わってる。だけど、気持ちが全然一致してない。
ふわふわした気持ちになってたな・・・。
そのまま一晩かけて、母親は静かに亡くなったんだけどね。
なんかちょうど車内フェラしてる時によりによって・・・なんて気持ちで、すごく心苦しくてさ。
それから立ち直るのに結構時間かかったよ。
ちょうどあの時・・・なんて後悔したくなかったら、常に人に見られても大丈夫な行動をしておくべきだな~なんてつくづく思ったね。
フェラ割
フェラ援

I BUILT MY SITE FOR FREE USING